Browsing Tag

サイト

Web design SEO Wordpress

ブログを始めるなら絶対WordPressがオススメな理由

2017年4月6日

初心者の方こそWordpressから始めてほしい理由

 

ブログを始めるにあたってまずはアメーバやFC2といった無料ブログから始める方が多くおられます。

 

最初のとっかかりとしては登録するだけで始められるため、利用するには最適です。

 

「すぐに始められる」という点においては大変優れていますし管理もしやすいので、個人でブログをされるなら無料ブログで全然構いません。

 

ただ商用でお使いになる場合は独自ドメインが育ちませんし、最初は無料ブログでやって後からWordpressに変えるというような「引っ越し」も結構手間がかかったりします。

 

 

ではWordpressはどういった点で優れているのでしょうか。

 

その理由は以下の通りです。

 

  • 独自ドメインは資産になるため、そのドメインを使えるブログが望ましいから。
  • 無料ブログと比較してSEOに強い。
  • 無料ブログは広告が必ず表示されるが、Wordpressは広告表示がない。
  • オープンソースな上に高機能、プラグインの種類も豊富。

 

他にもまだオススメする理由がたくさんあるのですが、これだけ挙げればおそらく分かって頂けると思います。

 

 

独自ドメインはあなたの資産になります。

 

これが最大のメリットと言えると思います。

 

独自ドメインでブログを作り、記事を投稿していくと運営年月や記事数、記事の質によって飛躍的にドメインの価値が上がっていきます。

 

ドメインの価値が上がると自動でアクセスを集められるようになっていき、自分の投稿した記事が検索エンジンに上位表示されやすくなります。

 

無料ブログだと読み手の評価は得られてもドメインの価値は上がりません。

 

amebaであったりFC2のドメインの価値が上がるだけです。

 

ただドメインが本当の意味で価値が出るようになるには何年もかけて多くの記事を投稿し、内容も読み手に支持されるような質の高いブログでなければいけません。

 

 

 

 SEOに本当に強いのはWordpress。

 

これは Googleの検索エンジン担当のエンジニアも実際に述べています。

 

実際に SEO対策に特化したプラグインも多く存在しますし、内部対策に限ってはほぼ何もしなくても自動で最適化してくれるため間違えることがありません。

 

SEOを特に何もしなくても最低限のことはやってくれるのがWordpressです。

 

またGoogle サーチコンソールにサイトマップを送る場合もプラグインがありますので、HTMLと比較しても非常に簡単ですし、アクセス解析もGoogleアナリティクスはもちろんのこと、他の解析ソフトも種類が豊富にあります。

 

 

 

 

広告表示がなく、テーマも自由に変更可能。

 

無料ブログだと初期設定では広告が掲載され、有料プランにすると広告が非表示になる仕組みです。

 

逆にWordpressは初期設定で広告の表示はありません。

 

またブログのアクセスが増えてきた場合、意図的に広告を表示させてバナーをクリックされた数によって収入を得ることができます。

 

どちらが魅力的かは言うまでもないでしょう。

 

 

 

無料でオープンソース。オススメしない理由はありません。

 

WordPressはサーバーにインストールして使う必要があるため、サーバー代とドメイン料がかかります。

 

しかしそれを補っても余りあるほど、高機能で優れています。

 

コンタクトフォームも簡単に作れますし、TwitterやfacebookといったSNSとの連携、スパム対策、 SEO対策ツールにアフィリエイトの設定など世界の四分の1のサイトがWordpressで作られていると言われているのがよく分かります。

 

私がオススメする理由がお分かりいただけたでしょうか。

 

 

 

WordPress インストール

https://ja.wordpress.org

 

 

 

 

 FullSizeRender

大阪 クリッターズバーガー BBQチーズバーガー

とっても美味しかったです。また大阪行った際は必ずいきます! 

 

デザイン

デザイン制作における情報の整理

2017年3月29日

 

 

デザインにおける情報の整理

 

デザイン制作において最初におこなう作業に「情報の整理」があります。

 

「なぜこのWebサイトを作るのか。なぜフライヤーをつくるのか」

 

という問いに対する答えを考え、目的を明確にします。

 

よく「おしゃれなサイトを作ってください。」と言われことがあります。

 

もちろんクリエイティブな探求は常に私たちデザイナーが追い求めなければなりません。

 

しかしただ見た目だけおしゃれに作っても内容が伴わなければその制作物は支持をされません。

 

なぜならデザインはあくまで手段であって、目的ではないからです。

 

「読み手が必要としている情報は何か」、「読み手はどのように感じるか」

 

といった第三者を主体としてデザインを検討することが重要だからです。

 

例えばオープンチラシ広告の場合

 

  • いつ (2017年4月3日)
  • 誰が (カフェ)
  • どこで(西荻窪)
  • 何を (開店)
  • どのように (手に取ってみる)
  • 目的は (オープン告知とキャンペーン告知)
  • 結果 (来店目的)
 
このように情報を整理することによってこのチラシを制作する目的は
 
 
「お店がオープンしたこと」と「オープン記念のキャンペーンをおこなう」
 
 
ということが分かります。
 
 
 
目的が確定したらあとは読み手に伝える情報をしっかり精査し、優先順位をつけていきます。
 
 
 
 
どんなことでもそうですが、情報の整理をしっかりすることが目的を明確にし、
 
 
 
「読み手に伝わるデザイン」が生み出されるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
IMG 2672
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO

SEO対策についての本音

2017年3月15日

 

ホームページの制作をはじめて早いもので12年が経ちました。

 

その間、さまざまな業種の案件に携わらせて頂き、多くの方とミーティングをおこないました。

 

その中で今回はSEO対策についてお話をさせて頂きたいと思います。

 

 

まだサイト制作をはじめて間もない2006年ごろでしょうか。

 

ホームページの納品を終えたばかりのクライアント様から1本の電話がかかってきました。

 

「SEO対策を勧めてくる業者から電話がかかってきたんですが、どうすればいいですか?」

 

当時、私はホームページのサイト制作のみをおこなっており、SEO対策については納品前に内部対策をおこなう程度で、毎月さまざまな施策をおこなうようなことはしてませんでした。

 

実際にクライアント様から依頼を受けて、営業をおこなってきた業者に直接お会いして話を伺ったりもしました。

 

話をしてすぐにweb関係に関しては素人で、肝心のSEO対策の内容は被リンク対策を謳ったバックリンクのみでこれで月数万円は高すぎるというのが印象でした。

 

SEO対策は単純明快で良質なコンテンツを作る以外ありません。

 

それからはや11年が経ちました。最近のニュースを見るとGoogleが著作権侵害の疑いのあるまとめサイトの検索順位を下げたり、スパム判定についてより厳しい対策をとっています。

 

昔よく見かけたキーワード(単語)だらけのページや被リンクを目的としたサイトも見かけなくなってきました。

 

ここ数年、SEO対策という名前がずっと一人歩きしていた感が否めません。

 

「どうすれば競合他社より検索順位があがるのか?」とか「少しでもインターネット上における露出を増やしたい」と願うあまり、さまざまな業者が台頭し、意味のない施策をおこなってきたサイトを数多く見かけます。

 

 

私はSEO対策について質問されたらまずはこう答えます。

 

「ユーザーの方が喜ぶ良質なコンテンツを作りましょう。」

 

例えばハタヨガの教室サイトをお作りした際にこういったアドバイスをいたしました。

 

集客することばかり考えずにまずはヨガをユーザーの方がどう捉えているのか、そしてどういった効果があるのかなど具体的に書いてみてください。

 

例えば姿勢を直すには、

①姿勢の悪くなる原因・要素

②ヨガによってどういった方法で改善させるのか。

③具体的にどれくらいの期間でどういった効果が見込めるのか。

というように姿勢改善という問題提起をした以上、効果が表れて改善するまでの方法とそれに至る期間などを具体的に書くことがとても重要なのです。

 

 

 

回答のないコンテンツは良質とは言えません。

 

上記に述べたようにヨガをすることによって姿勢を改善させる効果があるのなら、どういった方法で、どのくらいの期間で改善されるのか明確に書かなければいけません。

 

決して「個人差があるので、人によって効果に違いがあります。」というような逃げ言葉を使ってはいけません。

 

なぜなら人によって効果が違うことくらい誰にでもわかるからです。

 

ユーザーは常に答えを探しているのです。GoogleやYahooといった検索エンジンの検索ボックスは「質問するためにある」

 

と思って頂ければより分かりやすいのではないでしょうか。

 

 

 

このように良質な回答を持つサイトが検索順位を上げる唯一の方法なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

クライアント

仕事始め 2017

2017年1月5日

本日、1月5日より仕事始めです。

早速、お客様と定期ミーティングから本年度のお仕事スタートです。

2017年最初のお客様は東京・青山に本社を置かれ、世界中を飛び回って

おられます行政書士の先生です。

現在、遺産相続のグランアシストというサイトを管理致しておりますが、

今月はホノルル、ロサンゼルス、ニューヨーク、ロンドンと大変多忙な

日程の中、覚王山までお越しくださいました。

マーケティングも弊所が担当致しておりますので、WEB広告の内容変更や

、先月のアクセス解析の結果報告、今後の戦略などお話を致しました。

またミーティング中にも海外から新規お問い合わせのお電話がございました。

お作りさせて頂いたホームページを大変有効にお使いになられており、

ホームページを制作する側としてはこんなに嬉しいことはありません。

それでは本年度もどうぞ宜しくお願い致します。

Web design

サイトをリニューアルいたしました。

2016年4月15日

 

新基準のwebサイトのとびら

2年ぶりにホームページをリニューアルいたしました。
今回もレスポンシブ対応で製作しました。レスポンシブとはPCやスマートフォン、タブレットごとに複数のデザインを制作するのではなく、ディスプレイの幅に合わせてデザインを最適化します。CSS3のメディアクエリを利用してディスプレイサイズに応じてデザインを変更する設計ですので、ひとことで言えばどんなデバイスからでもストレスなく見れるレイアウトです。

ここ数年はスマートフォンに対していかに対応したホームページを作るかに重点が置かれていました。しかしこれからは大画面でもストレスなく見れるサイト設計が重要になってきます。クロームキャストが登場し、USBを挿すだけで大画面でPCが使える時代がやってきました。そういった大画面対策も重要になってきます。

またWordpressとの連携や簡易メールフォーム、Jqueryも細かいところに搭載しております。是非ご覧ください。

SEO

今すぐ使える具体的な被リンク対策【facebook 】【twitter】

2015年11月30日

 

間接的なSEOとして役立つソーシャルメディア

SNSの中で会社が情報発信に利用できる代表的なサービスがfacebookとTwitterです。Twitterは一般と同じようにアカウントを作成し、facebookはファンページを作成することで情報発信が行えるようになります。Webサイトと大きく異なる点は、ソーシャルメディアがコミュニケーションツールとして利用されているということです。一般のユーザーは友人や知り合いとのやりとりをソーシャルメディアを使って楽しんでいます。その中で情報を発信するので、サイト掲載するコンテンツよりもくだけた内容で、ユーザーと深い関係を築くことが可能になります。

Continue Reading

SEO

SEO対策をかんたんに理解する最大の近道3 被リンク編

2015年11月16日

 
 

被リンク対策はSEOにおいてもっとも重要

被リンク対策というのはSEOにとって最も重要といっても過言ではありません。なぜなら「キーワードを考える」+「価値あるコンテンツを作る」+「たくさんのリンクを集める」この3つが備わっていればSEOは成功したといえるでしょう。実際に、細かい技術的なことが不十分であったり、適切な作り方がされていなくてもこの3つの要素が備わっていれば、SEO対策としては満足のいく結果が得られると思います。ではなぜリンクを集めるとサイトにとって良い結果になるのでしょうか。

Continue Reading

Web design SEO

ホームページの良質なコンテンツの作り方 【SEOにも役立つ】

2015年11月13日

 
 

コンテンツ作りでホームページのすべてが決まります

ホームページ製作には様々要素が絡んできますが、サイトにおけるコンテンツの作成が1番重要といっても過言ではありません。まずSEO対策をかんたんに理解する最大の近道1でも解説したように検索エンジンのしくみを知っているとコンテンツの作成に大きなメリットがあります。なぜなら検索する人が何を知りたいかを考えて、それをコンテンツにすることが出来るからです。

コンテンツの作成で1番重要なことは検索する人のニーズを捉え、優れた独自コンテンツを作る事です。また会社の必要な情報以外は「自分が言いたいこと」よりもみんなが知りたいコンテンツを作る事が肝心です。そのことがSEOにも繋がり、良質なコンテンツのベースになっていきます。

 

Continue Reading

SEO

SEO対策をかんたんに理解する最大の近道2 キーワード編

2015年11月10日

 
 

ユーザーが求めている情報(キーワード)を探すまえに

ユーザーが求めている情報(キーワード)を探す前に、まずやってはいけないことがあります。それはキーワードをイメージや感覚で考えることです。例えばヨガスタジオを経営している方がいらしたとします。その際にホームページのコンテンツとしてスタジオの情報や現在行っているサービスや求人募集、アクセス情報が掲載されているとします。ではSEOで上位にくるためのキーワードを探してください、となるとどんなのが挙げられるでしょうか?まずはイメージや感覚で考えると以下のようになることが多いです。
Continue Reading

Top